よくあるご質問

お問い合わせの多いご質問をQ&A形式で掲載しています。

*ブログ等への転載はお控えください。
*ご質問事項に記載がない場合にはお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせ

ファスティングの基礎

腎臓に関しましては、水溶性の老廃物が脂肪の溶解とともに 一気に血液中に流れて出て、それらを排出する際に負担がかかります

心臓に関しましては、現時点で一般的には直接負担がかかるとは解されておりません。

私たちの体のメカニズム上、ファスティング後の体重は通常500gほどは割とすぐに戻ります。

しかし、「ファスティングの9割は回復食で決まる」と言われており、回復食やその後の食生活等について気を付けていくことで、リバウンドの抑制が期待できます。

また、短期間でも繰り返しファスティングを行うことで、太りにくい体づくりにもつながっていきます。

 回復食について

私たちは医者ではないため、服薬に関する指導はいたしかねるのですが、ファスティング直後は身体の吸収率が高まるというのが通説であり、お薬もこれに該当します。

断食道場運営時には医者の指示を受けながら服薬をされている方もいらっしゃいましたが、ファスティング中は服薬せず、回復食に入る段階で普段の薬の量の3分の1くらいからだんだんともとに戻すよう指示を受けているようでした。

参考にしてみて下さい。

断食(ファスティング)中の服薬について

日本語か英語かというだけで全くの同義です。

「イチロー選手は歴代最高の打者だったと言っても過言ではないですね。はい、本当にすごいバッターでしたよね。」という言葉の、打者とバッターのようなものです。

ファスティング中

お水とお茶の割合については特に定めておりません。

酵素ドリンクの摂取と合わせまして全体で2L程度摂取していただければ大丈夫でございます。

・みかんやレモンなどの柑橘系の皮が入っているハーブティーは大丈夫ですか?
→添加物や甘味料の入っていないものでしたら許容範囲内です。

・シナモンなどのスパイスが入っているお茶は大丈夫ですか?
→刺激が強いものを除けばノンカフェインで、添加物や甘味料の入っていないものでしたら問題ございません。

・ペットボトルに入って市販されているルイボスティーは大丈夫ですか?
→表示を見ていただいて添加物や甘味料の入っていないものでしたら大丈夫です。

・パウダータイプのお茶は大丈夫ですか?
→添加物や甘味料の入っていないものでしたら大丈夫です。

はい。よくあることですのでご心配いただかなくて大丈夫です。

特にファスティング初期は心拍数や血圧などが乱れがちなのですが、一週間以上の長期ファスティングを続けていくと、血圧も心拍数も血糖値も緩やかに下り、省エネモードに向かっていきます。

発汗等の要因が他にない場合、体に入ってくるものが少ないと排出を抑えようとする働きが起きるため、水分を体に溜め込んでいる状態と言えます。

このとき、尿の量が減ったり(濃くなる)、体重が落ちにくかったり、という現象が起きる場合があります。

ファスティング期間中は水分のみをとっていることから、水様便になりやすいため、現時点でお通じがうまくいかなくても心配しなくて大丈夫です。

回復食を摂れば通常のお通じに戻るのが一般的ですが、回復食終了後も長く続くようであれば、腸内環境の再構築が遅れているのかもしれません。

断食(ファスティング)中のお通じについて

はい。体調をみながら取り入れていただいて構いません。

わずかにカフェインが入っている場合がありますので、ノンカフェイン表記であっても控えることをおすすめしております。

断食(ファスティング)中にコーヒーなどのカフェインは摂っていいの?

原液の量が一緒であれば、効果に違いはございませんのでご安心ください。

希釈率は基準としてお示ししておりますので、少し濃いめでも差し支えございませんが、濃い目の希釈ですと血糖値が上がりやすい傾向があるため、一度に飲む量を少なめにするなどして調節するようにしましょう。

同様に、一度に多くの量を飲みたい場合は薄めの希釈をおすすめいたします。

はい。マナ酵素を含め、1日2ℓ程度の水分の摂取が目安ではございますが、それ以上飲んでいただいても大丈夫です。

必要な水分量には個人差があるため、摂取した水分が全身を巡り排出されるのが通常にもかかわらず、水分が体内にたまってしまい、冷えや疲労感といったような症状が見られる場合がございます。

体に冷えを感じたり、下腹からポチャポチャ音がしたりする場合は水分を摂りすぎているサインですので、気を付けましょう。

ルイボスティーや黒豆茶、そば茶、ゴボウ茶等がございます。

ファスティング中はどうしても味のバリエーションも少なくなり、寂しさを感じやすくなりがちです。

味の違いをより感じられたり、選ぶ楽しみにもなったりしますので、数種類のお茶を用意するのもオススメです。

ノンカフェインのお茶について

断食(ファスティング)中にコーヒーなどのカフェインは摂っていいの?

人間は飢餓状態になると、生命維持のため必要以上に体重が減らないようになっており、一定の体重を守ろうとする働きが作用するため、ファスティング中の体重は必ずしも一直線に落ちるというわけではなく停滞することがございますので、停滞期とも考えられます。

また、原因のひとつとしてマグネシウムやビタミンB群の不足も考えられます。

マグネシウムはエネルギーの生成を助ける重要な栄養素であり、ビタミンB群は不足すると代謝全体が低下してしまいます。

これらは甘い物やアルコールが多い生活習慣によって浪費されるため、結果、全体として代謝が低下し、体重の減りに影響しているのかもしれません。

普段からお食事に気を付けたり、マグネシウムを積極的に摂取していったりすると良いでしょう。

断食(ファスティング)中にマグネシウムを摂取するメリット

マグネシウム玄米ごはんの作り方

 グレートマグネシウムについて詳しく見る

原因の一つとしてホメオスタシスの乱れであることが考えられます。

ホメオスタシスは「生体恒常性」と訳され、体温、血糖値、血圧、呼吸、消化、排泄など普段意識しなくても身体の機能が一定に保たれる作用のことを言い、例えば真冬でも体温が一定に保たれているのもこれに当てはまります。

特に断食から回復食にかけては身体にとってある種異常な状況と言えるため、雨の日の低気圧で頭痛がでる方もいらっしゃるように、小さな変化でもホメオスタシスが乱れ、頭痛などの不調が引き起こされることがございます。

これは体がイレギュラーに適合しやすい体質かどうかによって出やすいと言われています。

通常のお食事に戻していくことで改善することがほとんどですので心配しなくても大丈夫ですが、無理せず体を休め、ゆっくり過ごすようにしましょう。

断食(ファスティング)中のおすすめの過ごし方

ファスティング中は固形物を摂取しないため、体が「貯め込むモード」になることがあります。

「次いつ食べ物が入ってくるかわからないから、できるだけ貯めておこう」「少しでも栄養を得るために、たとえ残骸でもいいから腸内に残っているものを残しておこう」と、身体が反応するのです。

回復食を摂ればほとんどの方が通常に戻りますので、現段階でお通じがうまくいかなくても心配しなくて大丈夫です。

断食(ファスティング)中のお通じについて

例えば冷蔵庫で冷やしたような冷たいお水は、芯から体を冷やしてしまうため、代謝が下がり、結果として体重の減少率が下がってしまう、または、むくみと相まって体重が増えてしまうということもございます。

冷たい飲みものはできるだけ避け、温かいものを飲むようにしましょう。

また、ストレスはコルチゾールというホルモンの影響により体重の増加と関連があるという報告もございますので、リラックスして過ごすことも大切です。

体重の減りには個人差やその時の体調等の状況にもよりますので一概には申し上げられませんが、試してみましょう。

体重計に乗るタイミングはいつも同じ条件でしょうか?排泄の前と後でも、体重には差が生じます。

測定のベストなタイミングは一日の中で体重が最も軽いとされる時間帯である「朝起きてトイレに行った後すぐ」です。

また、ファスティング中は脂肪を燃焼していなければそもそも生きていられないため、基本的に断食中に「脂肪が増えて太った」ということは理論上ありえません。

体重が増える原因として最も影響が大きいのは「水分」であり、例えば体が1リットルの水分を溜め込むと、必然的に1kg体重が増えます。

時間が経つと慣れて正常化しますが、ファスティング中は食事を摂取しないため、体が生命を維持しようと少しでもいろいろなものを溜め込もうとするのです。

ファスティング中は身体の吸収力が高まります。

お薬につきましても同様であり、効き目が出すぎてしまう可能性が高いため、ファスティング期間中は基本的に服薬は控えていただいております。

私たちは医者ではないため、「お薬を飲まないでください」と申し上げることができません。

心配な場合は事前にお医者様に相談していただくと安心かと思いますが、服薬の際は自己責任のもと行っていただいております。

断食(ファスティング)中の服薬について

準備食・回復食

準備食・回復食でスパイスをオススメしない理由としましては、内臓に刺激を与えるからという理由でございます。

添加物の使用のないものでしたら、準備食中はファスティング前々日の午前中くらいまで、回復食期は避けていただき、4日目以降が良いかと思われます。

特に回復食期に関しては、その刺激によって痛みを訴えられる方などが見受けられますので、このような指導にはなりますが、ご理解いただいた上でスパイスを少量ずつ増やしていかれる分には可でございます。

無添加100%の野菜ジュースやトマトジュースでしたら差し支えございませんが、甘みは糖質ですので、摂取量には注意しましょう。

また、添加物等含まれていることもがありますので、購入の際には成分表示を確認するようにしましょう。

例えば下記の信州自然村様では、無添加の野菜ジュースだけでなく玄米粥等の取り扱いもあり、準備食や回復食におすすめです。

 信州自然村のおすすめ商品を見る

内臓に刺激を与えたり、分解処理で肝臓に負担がかかったりするため、基本的に回復食期間中はおすすめしておりません。

ただ、個人差がございますので、ご経験のある方は過去の経験と照らし合わせながら無理のないように少しずつ摂っていかれてもよいです。

断食(ファスティング)中にコーヒーなどのカフェインは飲んでもいいの?

はい、召し上がっていただいても構いませんが、GI値(太りやすさ)やグルテン、ポストハーベスト問題等を考えますと、できるだけひかえることをおすすめいたします。
全粒粉のものにしたり、野菜を一緒に摂ったりするなどして、摂取の仕方を工夫するようにしましょう。

食パンの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識
小麦粉の栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

はい、大丈夫です。

特に回復食期にふらつきや冷や汗、動悸などの症状ががみらる場合は、酵素ドリンクを摂取することでほとんどの方が改善します。

酵素ドリンクの活用方法

プログラム全体を見越した時に、ファスティングの効果が下がってしまう可能性がございますので、おすすめはできません。

市販のプロテインには、大量のタンパク質や不自然な添加物などが過剰に含まている場合がほとんどであり、これらを摂取すると体に余計なお仕事をさせてしまうことにつながります。

もしプロテインを摂取する場合は動物性タンパク質のものは腸内環境を悪化させる恐れがあるため、ソイプロテインやヘンププロテインなどの植物性のものを摂るようにするようにしましょう。

市販のBCAAについても同様であり、含まれる添加物等がファスティングの効果を下げてしまうことがございますので、添加物等の含まれていないものをご用意いただけると安心です。

はい。摂取可能です。

ただし、飲み過ぎはカロリー過多になってしまいますので、小腹が空いたとき等に多くても1日200ml程度に抑えるようにしましょう。

また、甘酒には大きく分けて酒粕甘酒、米麹甘酒があり、酒粕甘酒はアルコールが含まれており米麹甘酒には含まれておりませんので、米麹甘酒がおすすめです。

市販のものは食品添加物が含まれていることがありますので、購入の際は気を付けましょう。

甘酒の栄養価・効能・効果的な飲み方・アドバイス・豆知識

200g程度の少量の果物でしたらお召し上がりいただけます(りんごなら小さめを1個程度、バナナなら1~2本が目安です)。

すりおろしたりよく咀嚼したりすることでおかゆ状に近づけると、胃腸にも優しく内臓への負担が軽減されます。

また、はちみつは砂糖のおよそ1/3の量で同じ甘さを出すと言われています。味わいが異なるため、料理に使用できるとは一概に言えませんが、砂糖と置き換えてみるのも良いですよ。

りんごの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

バナナの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

はちみつの栄養価・効能・効果的な食べ方・アドバイス・豆知識

商品のご購入・サービスのお申し込み

はい。可能でございます。

弊社ショップをご利用いただけると、単発でご購入いただけます。

 詳しくみる

また、毎月定期購入も可能です。継続期間の縛りも全くありませんので、1回のご購入でもこちらの方がお得です。

 定期購入について詳しくみる

はい、可能でございます。
体調等によりご相談させていただくこともございますので、変更の際はご連絡下さい。酵素の追加購入も可能です。
なお、システム上定時配信メールは通常通り配信されますのでご承知おきください。

はい、ファスティングのご経験のある方に限り可能ですが、事前に準備食を進めていただきますようお願いいたします(基本的にはプログラムに沿って行うことを推奨しております)。

なお、指導配信メール・LINEにつきましては通常通り配信いたしますのでご承知おき下さい。

ファスティングが初めての方や不調が出やすい方はプログラムに沿って行っていただいております。

大変申し訳ございません。ドリンクと指導はセットで提供させていただいております。

指導のみをご希望の場合は別途お問い合わせください。

お問い合わせフォーム

はい、可能でございます。

プログラム開始日の3日前までに開始希望日をご連絡下さい。

大変申し訳ございません。高校生以下の方のご自宅でのプログラム提供につきましてはお受けできかねます。

著しい成長の過程にあることから、たくさんのカロリーや栄養を必要としているためです。

また、正しくファスティングを行うことが難しかった場合、著しく筋肉量が低下してしまうことが懸念されます。

基本的には服薬しながらのファスティングは控えていただいております。

ファスティング中は身体の吸収力が高まることから、お薬の効き目が出すぎてしまったり、予期せぬ副作用が出たりする可能性が高いことが懸念されます。

事前にお医者様にご相談ください。

断食(ファスティング)中の服薬について

大変申し訳ございません、コロナウィルスの影響等を考慮し、当面の間宿泊型断食道場の運営を見合わせております。

現在、ご自宅で行えるようオンライン型のファスティング指導を行っております。

準備食や回復食等ご自身で準備していただきますが、動画サイトやメール、LINE、ビデオ通話等を使用し、ご自宅で行えるよう指導料無料にて提供しております。

オンライン型ファスティングについて詳しく見る

KALA(カラ酵素)は転売防止商品のため、サイト上での直接販売がおこなえません。

在庫確認やご注文希望等は下記よりお問い合わせください。

通常であれば翌営業日には発送可能でございます。

LINEで問い合わせる

お問い合わせフォーム

LINEまたはお問い合わせフォームより、弊社サポート担当までお問い合わせください。

LINEで問い合わせる

お問い合わせフォーム

その他

はい。差し支えございません。

例えば鍼治療には断食と鍼治療のそれぞれの効果を補完する側面と相乗効果を生み出す側面があり、非常に相性がよいと言われています。

ただ、どちらも体質や効果には個人差がありますので、施術を受ける際はファスティングを行っていることを相談するようにしましょう。

断食(ファスティング)中の鍼治療について

どうしてもの場合はお野菜がよいかもしれません(余計なものが含まれていることが多いため、コンビニやスーパー等の出来合いのサラダ類はおすすめできません)。

ドレッシングをかけるのであれば市販のものは避け、亜麻仁油やオリーブオイルとお塩のように、化学物質ができるだけ少ないものを選ぶようにしましょう。

お腹が空いた時にしばらく何も食べないでいると「あれ?お腹が空きすぎて峠を越えたかも…」と感じたことはありませんか?

弊社が採用しておりますのは、これと同様の状態を常に作り出す画期的なプログラムです。

断食(ファスティング)開始後、24〜36時間以上経ちますと、ホルモンの作用で多くの方が空腹を感じなくなります。

さらにファスティング専用ドリンクをこまめに摂取することで、血糖値を安定させる作用があるため、空腹を感じにくく、弊社でファスティングを行った方の実に90%以上の方が「空腹を感じなかった」「つらくなかった」と回答しております。

ファスティングによる不調やトラブル

特殊な症状ではございませんので、ご心配いただかなくて大丈夫です。

考えられる原因は2パターンあります。

1) 血流の改善によるもの

特に普段から塩分過多のお食事を摂られている方に起こりやすい症状です。

断食中は食塩等のナトリウムを摂取しませんが、体は普段通りにナトリウムが入ってくるものと思い込み、いつも通りにナトリウムを排出しようとするため、排出しすぎてしまいます。

その結果、細胞中のナトリウム濃度が下がり、血管が拡張し、血流が良くなりすぎる(血圧が下がる)ため、頭痛や腰痛を感じる場合がございます。

対処法としては、塩分(精製塩ではなく岩塩などだとより良い)を摂取することで、ナトリウム不足を解消できる可能性が高く、症状の緩和につながりやすいと考えられます。

2) 自己治癒の過程で出るもの

体の中で悪い部分や弱い部分が治癒される際に、痛みや重さが見られる場合があります。

例えば、常にデスクワークしている方が肩や首に酷い重さを感じたり、過去に手術経験がある方はその部分が痛んだりすることがあります(これを”好転反応”と言うこともあります)。

対処法としては、患部を温めつつ、「これは改善する過程での重さや痛みだ」とポジティブにとらえることが重要です。

普段から生理痛がみられる方ですと、普段よりも痛みが強く出る可能性がございます。

ファスティング期間中は基本的に服薬は控えていただいているため、ゆっくり過ごしたり、お腹にカイロ等をあてて温めることによって痛みが和らぐことがございますが、無理せず過ごすようにしましょう。

断食(ファスティング)時に生理(月経)が乱れやすい理由とおすすめのタイミング

特に普段から決まった時間にお食事をされている方は、たとえお食事を摂らなくてもその時間になると自然と胃酸が出て胃を刺激するため、胃の重さやむかつきを感じることがあります。

こまめに水分を摂取し、胃酸の濃度を下げることで症状が和らぐことが多いです。

同様に胃がつるような感覚を覚える場合もございます。

胃腸が消化に備えた状態で待機しているにも関わらず、食物が入ってこないため起こり得ますが、多くの場合数日で治まります。

また、ファスティングの有無やお食事の量に関わらず、もともと胃に何かしらの問題がある、ということも考えられます。

ファスティング期間が長くなると人間の体は省エネルギーで活動するようになり、体温を保つためのエネルギーも自ずと節約されます。

動物でいうところの冬眠に近い状態です。

また、生命の維持に重要な部分に優先的に血液が送られ、あまり重要ではない足先や手先などの末端部分は血液の供給が後回しになるため、結果として冷えやすいのです。

そんなに心配しなくても大丈夫ですが、温かい柿茶やルイボスティーを摂取し、服を着込んで体温を調節するようにしましょう。

断食(ファスティング)中の寒気とその対処法について

指導を受けている最中であればご連絡ください。

一人でファスティングされている場合には、様子を見てもよいかもしれません。

断食中、好転反応等で発熱する方やほてったように体温の高い状態が何日も続く方が一定数いらっしゃいます。

しかしながら多くの場合、数日で普段の体温に落ち着いたり、回復食に入った段階で戻るのが通常です。

断食(ファスティング)中の発熱や体温の低下について

Load More